離婚を決めたら弁護士に

二人で幸せな家庭を築こうと誓い合い、結婚するわけですが、中には不幸にして離婚という結果になってしまうことがあります。日常の小さな摩擦やズレが徐々に大きくなっていき、取り返しのつかない状況になってしまったということもあるでしょう。あるいは、浮気や心変わり、結婚後の態度が急変してしまったなどということもあります。こういったことを乗り越えていくのが結婚であり、夫婦なのですが、そこには限界があります。離婚という文字が頭に浮かぶと、もうその文字は頭から離れなくなってしまうのです。互いのこれからの人生を考えて、離婚という選択をした場合、どのように進めていけばいいのでしょう。

離婚は結婚と同様に、届出を出すことで成立します。しかし、その届出を出すまでが大変なのです。相手にその気が無い場合は、正当な理由がなければ離婚はできません。また離婚を急ぐことで、後々のトラブルに繋がることもあります。離婚は順序と道筋が重要なのです。

財産分与や親権、養育費などの問題は、話し合いで解決するのが理想ではありますが、暴力を振るわれたりと、話し合いにならないケースがあります。そういった場合は、裁判所へ調停離婚の申し立てを行うという手段もありますが、まずは弁護士に相談することをおすすめします。