弁護士へ依頼するには

離婚は財産分与や養育費、慰謝料などの問題があり、それを二人で話し合って解決するのが好ましいことではありますが、もう一つの手段として弁護士に依頼するというものもあります。二人による話し合いが前に進まない場合、直接裁判所へ行き、調停離婚の申し立てを行うこともできますが、それはあまり感心できる方法ではありません。

離婚を真剣に考えるようになった場合、まずは弁護士に電話で相談してください。そこで、どういった理由で離婚を考えているのか、また、現在の状況などを詳しく相談するのです。その上で、解決への出口が見つけられそうであれば、弁護士と直接会い、面談を行います。このとき重要なことは、自分がどのような解決を望むのかをしっかりと弁護士に伝えることです。

面談は初回無料の事務所がありますから、それを利用すればいいでしょう。その後、その弁護士にお願いしようと思えば、正式に依頼すればいいのです。こうして離婚へと向かうことになりますが、弁護士は自分に代わり相手に意思を伝える代理人です。代理人に対しては、隠し事はご法度です。すべてをさらけ出す覚悟が必要となります。その上で、弁護士は離婚への手助けができるのです。一人で悩まず、まずは弁護士に相談してください。