離婚を決めたら弁護士に

二人で幸せな家庭を築こうと誓い合い、結婚するわけですが、中には不幸にして離婚という結果になってしまうことがあります。日常の小さな摩擦やズレが徐々に大きくなっていき、取り返しのつかない状況になってしまったということもあるでしょう。あるいは、浮気や心変わり、結婚後の態度が急変してしまったなどということもあります。こういったことを乗り越えていくのが結婚であり、夫婦なのですが、そこには限界があります。離婚という文字が頭に浮かぶと、もうその文字は頭から離れなくなってしまうのです。互いのこれからの人生を考えて、離婚という選択をした場合、どのように進めていけばいいのでしょう。

離婚は結婚と同様に、届出を出すことで成立します。しかし、その届出を出すまでが大変なのです。相手にその気が無い場合は、正当な理由がなければ離婚はできません。また離婚を急ぐことで、後々のトラブルに繋がることもあります。離婚は順序と道筋が重要なのです。

財産分与や親権、養育費などの問題は、話し合いで解決するのが理想ではありますが、暴力を振るわれたりと、話し合いにならないケースがあります。そういった場合は、裁判所へ調停離婚の申し立てを行うという手段もありますが、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士と離婚への流れ

永遠の愛を誓い合い始まった結婚生活ですが、その道半ばで離婚という道を選んでしまうことがあります。ただ、離婚という問題は様々なものが絡み合ってくるので、簡単にはいかないケースが出てくるのです。もちろん、二人でしっかりと話し合い、問題を解決していくのがいいのですが、会うと暴力を振るわれたり、感情が高ぶって話し合いにならなかったりする場合もあります。互いにわだかまりなく離婚へ向かうには、弁護士に依頼するのも一つの手段です。このサイトは弁護士に依頼した場合の、離婚解決までの流れを紹介します。

離婚は、互いに感情や金銭のもつれがあるため、顔を見合わせての話し合いが困難な場合があります。こういった場合は、弁護士を中に入れることで、冷静な判断ができ、離婚がスムーズに進むことになります。もし、離婚を真剣に考えているのなら、まずは電話で相談してみましょう。顔が見えない分、言いにくいことも言えますし、法の専門家ですから財産分与や養育費などの問題も分かりやすく教えてくれます。その上で、実際に会ってみてそれから契約するかどうかを決めればいいのです。

弁護士に依頼することで、相手側にこちらの条件や意思をしっかりと伝えられますし、法に沿った円満な解決へと向かうことができます。特に話が上手くない人や、直接会うことが怖い人などは、弁護士に依頼するほうがいいでしょう。また、相手側も弁護士を立ててくることもあります。こちらに有利な条件で問題を解決するために、弁護士が担う役割は大きいのです。